REAL Style online shop

  • shopping cart

2021/06/29 19:19



中古でカナディアンカヌーをゲット、修理してようやく乗れるような状態になったので、いい季節になってきたこともあり、コンフォルタ持ってキャンピング。場所は湖のそばのとあるオートキャンプ場。

メインはカヌーです。Youtubeで乗り方を勉強した全くの初心者のわたくしです。キャンプ場に着いて自前のカヌーも受付をする必要があり、まったくのカヌーチェリーなのに、見た目はカヌーのベテランを装っている為、受付の方が「もうわかってるよね」的な感じを出してきたので、初めてのカヌーとお伝えしたところ、「湖をなめるなよぉ~、自然をなめるなよぉ~、風があるから流されて戻ってこれなくなるから近くでバシャバシャするくらいにしてよぉ~」的な温かいお言葉をいただき、もうカヌーする前から若干戦意喪失。。。ちょいビビリ出している私でしたが、ここは男の私、今日は甥っ子も連れてきている、妻もいる、弟家族もいる、ぼく長男、「ノープロブレム」と心の中で言い放ち受付終了。

いろいろとプロブレムはありますが、まずは寝床の設営を進めなければ。カヌーはその後です。この時点ですでに、「今回はもぉ~カヌーいいかなぁ」と心の中で繰り返している私でしたが、せっかく名古屋から車の屋根にカヌー積んできたし、載せるの手伝ってもらったし、ここでカヌーしずに帰ったら、完全に丘サーファーならぬ丘ヌー野郎なので。。。


ってことで、弟家族が完全なるキャンパーなので道具はすべて弟マター。私はコンフォルタとカヌーを持ってきたエンタメ専門スタッフ。あとマスコットの愛犬もいます。モンベルで犬用ライフジャケットも買いました。みんなの分のライフジャケット無いので、犬とお揃いで自分用にイイヤツ買ったら妻にブーブー言われました。ですよね・・・


そんなこんなでキャンプサイト設営完了なので、みんなで湖までカヌーを運ぶことに。そう、内心は「もぉ~今日はよくない~?ビールのんでゆっくりしないぃ~?」でしたが、そんな素振りは見せず、一番やる気ある人演じるわけです。なぜなら、かっこいいライフジャケットも買ってるし、犬とお揃だし。


カヌーの重さは20kgちょっとなので、まぁ大丈夫かと思っていたが、湖までの距離だとまぁーまぁーしんどい。

そしてスパークリングワインで進水式をして、いざ入水!


まったくをもってYoutubeで学んだことが発揮できない。。。すごく難しい。。。まっすぐ進まない。。。湖でも流れがあり流される。。。カヌーは一番後ろの人が船頭となり、前の人がエンジンとなり漕ぐ役です。今回、一番後ろの人、素人です。

ところが、意外とスムーズに進むようになってきた。いや、弟うまい。ってか一番うしろの私がキャプテンのはずなのに、一番前のエンジン役の弟が私を見かねて船頭となっている。もうルールがわかりません。管理人さんに言われた通り、そこまで沖にでず、いい場所でターンをして岸にもどる感じに出来上がっている。先頭のピンクいフェミニンなライフジャケット着た船頭さんによって・・・


1時間程度みんなでカヌーで遊んで今回は終了。

みんな乗りたくて乗りたくて仕方なくて、「次わたし乗る!」って乗り込んで、エンジンとして先頭に乗り込んだ妻、楽しくモリ漕ぎして沖に出たところで、乗るとき焦っていたのか、ライフジャケットを着てない事に気づいてパニる妻でした。

そしてようやく宴です。
ゆっくりとハンモックに揺られながらビールを飲む。
この瞬間がたまりません。


子供たちもキャッキャ言いながらコンフォルタにタンデム。小学生の低学年くらいなら二人で載っても大丈夫ですね。

今回のキャンプで学んだことが多い。
・Youtubeではなく、まずはカヌースクールに入った方がイイ。
・イキって買い物しすぎない方がイイ。
・キャンプサイト内でのカヌーの移動は専用キャリアがあるとイイ。
・我先にとイキって乗り込む時は、いったん深呼吸してライフジャケット着てるか確認した方がイイ。
・キャンプで短パンは控えた方がイイ。

そうです、キャンプから帰宅した翌日、両足首がパンパンになっていた私。ヤツです。ブヨです。まったく気づきませんでした。たしかに虫よけをするのを忘れた。たしかにBBQ中、ずっと足の周りモゾモゾしてた。ほんとゾッとするくらいパンパンに腫れてます(笑)。短パンでもいいかもですが、やっぱり虫除けは必要ですね。だからみんな男子でもタイツ履いている人多いんですね。。。



ということで、今回はコンフォルタコンフォルタミニを持ってキャンプに行って参りました。

コンフォルタミニは廃番品ということで、セール価格にて販売しております。

キッズサイズで小学生低学年くらいなら足も伸ばせます。通常サイズのコンフォルタと並べて親子スタイル。大人は足は伸ばせませんが、椅子として使うことも可能です。ロッキングチェア感覚ですね。

豊かなライフスタイルを実現するアイテムの一つです。

楽しいインドア・アウトドアライフ過ごしましょう!